函数の由来


現在、数学用語のカンスウを漢字で表記すると、
「関数」が一般的に使われていると思います。

日本語としての関数は本来「函数」と書きます。
私は普段「函数」を使っています。

これは英語 function の中国における訳語である函数 (hánshù) をそのまま日本に持ち込んだものです。
function が漢訳される際に発音が似ている「函」の字をあて、
数学に関する用語として「函数」としたのではないかという説があります。

日本では、昭和21年以降、「函」が漢字制限による当用漢字に含まれなかったため、
同音の「関」という漢字が使われるようになりました。

また、「函」は「箱」の意味を持つことから、函数は「ブラックボックス」の働きとして捉えることができます。
つまり、ブラックボックスの入口から入ってくる x にある加工を施して、
出口に y を出力する対応のさせ方が函数として表されます。

photo credit: Function via photopin (license)