行と列


数学において、”matrix” とは、数を長方形に並べて括弧でまとめたものです。
これは行と列からできているので、日本語では「行列」と呼ばれます。
行とは数の横の並びを言い、列とは数の縦の並びを言います。
matrix の邦訳をつけたのは数学者高木貞治だそうです。

日常生活においても、行と列の意味はそれぞれ横と縦の並びを表しますが、使い分けが適当だったりします。
例えば、「(車が横に並んでいるにも関わらず) 列の一番端に停めてください」や
「前3列を空けて座ってください」などと何故か「列」が使われることが多いです。
「行」を聞いたことが殆どありません。

行と列の意味を正しく理解するには、それぞれの漢字の旁に注目すると一目瞭然です。
は横の並び、は縦の並び。

photo credit: Life = Tesserae + Grout via photopin (license)