微分が消える


ある函数 f : RR の 微分を考えましょう。

x = a で df(x)/dx = 0 となるとき、次のように 2 通りの言い方があります:
(1) 微分が x = a で 0 になる、
(2) 微分が x = a で消える。

(2) の言い方はあまり馴染みがないと思われますが、
英語では ”the derivative vanishes at x = a” という様に、
微分が消えるという言い回しはごく普通だそうです。

photo credit: Too Grand [detail] via photopin (license)