数学科卒は「数字」に強いのか?


社会人になってから、感じたことです。

「大学で数学を勉強していたということは数字に強いんですね。」

数学科を卒業した人なら、一度は言われたことのある一言だと思います。
そういう私も数学科卒なので、社会人になってから言われる機会が時々ありました。

しかし、実際のところ、数学科卒は「数字」に強くないと思います (どちかというと弱い?)。
何に強いかというと「数式 (文字式)」です。

これには理由があって、算数ならともかく、大学数学以上になると、
殆どが文字や論理記号を含んだ「数式」を用いるため、「数字」を扱う頻度がかなり低くなっているからです。
そして、数学科卒は「数字」に弱くなってしまったということです
(もちろん中には「数字」に強く、算数の得意な人はいます)。

1 日中「数式」と向き合っていた学生の頃と比べると、
社会人になってから「数字」を頻繁に扱うようになり慣れてきたものの、
「数字」に強いと思われると、未だに違和感を覚えてしまいます。

数学って、紙とペンさえあれば n 次元 (n は自然数) の世界に入って行けるので面白いですが、
やはり 4 次元以上は目に見えない分、抽象的な話になってしまいますね。

photo credit: albyantoniazzi ‘Artificial Intelligence’ via photopin (license)